乾貴士(エイバル)の日本人選手の活躍が期待されますね。代表編 日本代表の85年』双葉社、2002年。夢見ていた日本一を取れて最高です。 つらいことの方が多い高校3年間でしたが、監督やスタッフが背中を押してくれて、チームメイトが声をかけてくれたからこそ、この最高のピッチに立てました。 どこかで1点入ればと思っていましたが、失点する時間帯が良くなく、最終的にちぐはぐになりました。 フェアリルと人間(ヒューマル)が恋をして結ばれた場合、フェアリルはその愛の証として自分の羽根を落とさなければならない。勝負だから、決めるべきところを決めないといけません。準決勝までの勝ち方で勢いの差もあったかもしれませんが、それでも決勝まで来られたのは、これまで負けてきた理由を整理して修正できた結果だと思います。