延長11回を制して、春夏を通じ「大正」「昭和」「平成」の3年号連続の優勝を達成。松井秀喜に対し5打席連続敬遠を行い、物議を醸した。佐野は先発出場して後半途中でベンチに退き、小川航基は後半途中から交代出場した。 サッカー ユニフォーム かっこいい 1992年(第74回大会) – サッカー ショップ 高知県代表の明徳義塾が石川県代表の星稜・