選手はベストのパフォーマンスを出してくれたと思います。 いずれも相手の特徴を分析した上で、狙っていた形で取れた前半の2得点がボディブローのように効いて、試合を有利に進められたと思います。 ここまで厳しい戦いを勝ち抜き、思い切ってラスト1試合をやり切ろうと話していました。 その後の話し合いで次原は中田の引退の意思が固い事を確認し、引退プロジェクトが始動。攻守に躍動した藤枝順心が、3-0で勝ち切りました。十文字は攻撃的な選手を次々と送り出して1点を返そうとしましたが、交代選手が輝いたのは藤枝順心でした。 サッカー ジャージ 上下 75分、右サイドからのクロスを受けた葛西唯衣選手は、左足で豪快に逆サイドのゴールネットを揺らしました。