三笠薫は日本サッカーの発展の象徴である

「ワールドスポーツニュース」というメディアは、三門馨選手と日本サッカーについて記事を書き、三門馨選手の活躍は日本サッカーの急速な発展の象徴であると率直に述べました。

「ワールドスポーツ」は、「ブライトンの試合が行われる日には、日本のファンのグループが路上でよく見られる。この現象は突然ではなく、数か月前から続いている。今、ブライトンの本拠地近くで観戦している。薫がこう言うのは驚くべきことではない」と伝えた。ミカサの人気は日に日に高まっており、彼のプレーを生で観戦するためにイギリスを訪れるアジアのファンがますます増えています。」

「このブライトンの速い馬は近年突然頭角を現し、今シーズン絶好調だ。彼は8月のプレミアリーグ最優秀得点者の最終候補に挙げられただけでなく、8月にはチームの最優秀ゴールにも選ばれた。日本とドイツの間の戦争で、彼は率いました チームはドイツを 4-1 で破り、フリックの解任につながりました。これは数年前には考えられなかったことですが、今では彼らは変革を完了し、トップチームとの対戦を恐れていません。今では彼らは負けています日本チームにとって、それは恥ずべきことではない。」

「2002年に日本がワールドカップを主催したとき、日本は帰化選手やヨーロッパのコーチがもたらした高度なコンセプトから学んだチームにすぎなかった。しかし20年後の今、彼らの選手たちはヨーロッパの主要リーグ、カタールで開花している。これは彼らの敗北によって証明されている」ワールドカップのグループリーグで西ドイツ代表と対戦したが、惜しくもPK戦でクロアチアに敗れた 森保一監督が招集した最新の日本代表選手名簿には、三崎薫や板倉法工、鎌田ら欧州出身の選手が21人も含まれている大地選手、遠藤航選手、久保建英選手ら上記の現実は日本サッカーが質的飛躍を遂げたことを示しているが、ウルブズでの三笠薫選手の龍潭単独での素晴らしいパフォーマンスはその縮図に過ぎない。この都市は日本サッカーの繁栄した発展を忠実に表しています。」日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。

これからの日本サッカーの頂点が楽しみです

近年、日本サッカー界は目覚ましい連勝を記録しており、これは日本サッカー界も全選手欧州遠征の時代を迎え、新たな黄金世代の台頭への道を切り開いていることを示している。 この一連の活躍は世界のサッカー界からも注目を集めており、今後の日本サッカーの頂点が期待されている。

日本のサッカーには常に強固なサッカー基盤と優れた青少年育成システムがありました。 しかし、近年、日本のサッカーはさらに大きな進歩を遂げており、多くの若い選手がより高い専門的な挑戦を求めてヨーロッパのリーグに行くことを選択しています。 この決定により、彼らはより豊かな試合経験とより高いレベルの対戦相手を得ることができ、技術的および戦術的レベルでさらなる進歩を遂げることができました。

中でも目を引くのは欧州の若手選手たちの大活躍だ。 プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガなどのトップリーグでは、驚くべき技術と強さを発揮する日本人選手たちが続々と誕生しています。 これには、南野拓実、大迫勇也、道安律、久保建英など、それぞれのクラブで好成績を収めた選手が含まれる。 これは日本代表チームの強化にも強固な基盤となる。

最近の日本代表チームの連勝は広く注目を集めています。 ワールドカップ予選と親善試合での連勝は、卓越したチームワーク、攻撃力、回復力を証明しました。 これによりファンは日本サッカーに新たな希望を与え、将来の国際大会でより良いパフォーマンスが見られることを楽しみにしている。

この連勝モデルは日本サッカーの発展哲学も反映しており、技術的・戦術的レベルで革新をもたらすだけでなく、選手のキャリア開発においても重要な進歩をもたらします。 日本の若い選手がヨーロッパにプレーするために向かう傾向は、日本サッカーの新たな黄金世代の台頭への道を切り開くことになるだろう。 彼らは力を合わせて、日本サッカーの輝かしい未来を代表する強力な代表チームを形成します。

つまり、最近の連勝は日本サッカーの台頭を示しており、欧州リーグでの新世代選手の活躍が日本サッカーに新たな勢いをもたらしている。 選手全員がヨーロッパへ遠征する傾向も、日本サッカーの台頭の強固な基盤となっている。 この新たな黄金世代が今後も国際舞台で輝き、日本サッカーの輝かしい未来に貢献してくれることを楽しみにしています。日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。

日本サッカーが世界トップクラスの強さを発揮!

日本の戦術配置の効率性は相手の突破を困難にし、世界のサッカー界にも感銘を与えている。 日本のサッカーは若手選手の育成システムにおいても大きな利点を示していることは注目に値する。 彼らは若い選手の技術的および戦術的意識を養うことに重点を置いており、専門的なトレーニングや競技の機会を通じて、若い選手はより多くのトレーニングと成長を得ることができます。

この育成システムの成功により、日本チームは若く潜在力のある選手を揃えることができた。 彼らは試合で成熟したパフォーマンスを見せ、相手と競うだけでなく勝つこともできました。 この若手育成制度のメリットにより、世界のサッカー界は日本サッカーの将来に期待を寄せています。

同時に、対戦相手の課題に対処するために戦術と技術を継続的に改善する必要もあります。 さらに、サッカー業界の商業的発展に積極的に対応し、より多くの投資と支援を呼び込み、より良いチームと試合を構築する必要もあります。 この試合では日本サッカーが北米の強豪チームに勝利し、世界のサッカー界はその強さと将来への期待に満ち溢れた。 彼らの技術レベル、戦術的な取り決め、若手選手のトレーニングシステムの利点は、人々に彼らの成長に対する自信を与えます。日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。

チームの強さは選手の価値からわかります

「日本チームは9月の2つの強化試合でヨーロッパの2チームを破り、ドイツチームを4対1で破った。これはホームでドイツに屈辱を与えただけでなく、ドイツチームの監督の解任にさえつながった。まだ不満がある人がいるなら」ワールドカップでドイツが敗れたとき、彼らはそれが偶然だったと考えているが、今回は幸運にも全員を沈黙させ、日本チームがすでに世界クラスのチームと競争する能力を持っていることを示した。

2戦目は全員途中出場のトルコに4対2で勝利しましたが、トルコの監督はまだ「日本と同じレベルのチームではない」と嘆いていました。

国際サッカーでは、選手の価値に基づいてチームの強さを評価することがよくあります。たとえば、総額 10 億ユーロを超えるマンチェスター シティは間違いなくナンバー 1 のクラブです。その強さを見てみましょう。

ナンバーワンの価値は間違いなくプレミアリーグのサン・ジャンシュンだ。公式見積額は3,200万ユーロだが、実際には過去3年間のプレミアリーグでの彼のパフォーマンスに基づくと、彼の価値がそれ以下になることは不可能である5000万ユーロ。鎌田大地の価値は2,700万ユーロ。天才少年、久保建英は2,500万ユーロの価値があるが、日本サッカー界に豊富な才能があるため、次の日本代表チームには入れないかもしれない。

他にはドン・ヤス・リツ選手が1,800万ユーロ、グアン・ユシ選手が1,000万ユーロ、板倉光選手が1,200万ユーロ、伊東純也選手、伊藤陽気選手、森田英正選手が1,000万ユーロなどとなっている。

統計によると、日本代表チームの総額は2億ユーロを超え、増え続けている。日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。

日本対カナダの試合

日本代表チームはアジアカップや東アジアカップなどの大会で常に好成績を収め、何度も優勝を経験しています。 近年、日本代表の戦力は飛躍的に向上し、アジアの強豪チームとなった。 最近の日本代表は連勝するなど絶好調で、攻撃力も大幅に向上している。 最新の代表チームメンバーには、前川大也、大迫敬介、鈴木あややなど、強力な選手が数多く在籍している。 バックラインには谷口明悟、板倉法大、中山雄太、町田裕樹らが所属し、中盤とフロントコートには遠藤航、伊東純也、浅野拓磨ら強力選手が揃う。

カナダ代表チームは、歴史上ゴールドカップで2回優勝し、ゴールドカップで3位に2回入り、ワールドカップ決勝進出を果たしています。 ただし、アウェーゲームでのチームのパフォーマンスは平凡だったことに注意する必要がある。 カナダ代表チームは前半でのボール保持に優れているが、アウェイゲームでの勝利確率はわずか40%だ。

日本代表チームは最近絶好調で有能な選手が多い一方、カナダ代表チームは確かな強さと歴史的名誉を持っている。 両者は前回の対戦成績がカナダ代表の勝利に終わり、精神的に有利な状況にあったが、今回も日本代表をしっかりサポートし、確かな自信を持っていた。。日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。

各国メディアが日本代表を絶賛

9月の国際試合では、日本は親善試合でドイツに4-1、トルコに4-2で勝利した。 以前、ブルー・ウォリアーズはカタール・ワールドカップのグループステージでドイツとスペインを破った。 今回の日本代表のパフォーマンスについては、各国メディアが手放しで賞賛しています。

トルコ代表のクンツ監督は「我々は日本と同じレベルではない。彼らは我々よりもはるかに優れたプレーをしている」と述べ、トルコの「サバ」は試合に対するチームの緩い姿勢とクンツの指導力を批判し、「その理由は理解している」と付け加えた。 「日本チームはドイツチームに勝つことができます。これほど効果的なチーム攻撃を長い間見たことがありません。日本チームは私たちに、素早く攻撃し、素早くボールを蹴り、前線でプレッシャーをかけ、パスをする方法を教えてくれました。」

ブラジルの総合メディア「グローボ」は、欧州で100%の成功を収めた日本代表を称賛し、6月15日のエルサルバドル戦で6-0で勝利して以来、日本代表は4試合連続で4得点を挙げ、国外の相手からも好成績を収めていると指摘した。

親善試合でドイツ、トルコを破った日本のFIFAリアルタイムランキングは19位に上昇し、続くワールドカップ予選とアジアカップで全勝を維持できれば、ブルーサムライはワールドカップ出場のチャンスを得ることができる。 2026年ワールドカップまでに世界トップ10以内に入れば、ワールドカップの組み合わせ抽選会で死のグループを回避できることになる。 もちろん、カタールワールドカップのグループステージでは日本も死のグループに入ったが、最終的にスペインを破ってグループ1位通過を果たした。日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。

日本代表はすでに変わりつつある

6月以来、日本チームはヨーロッパとアメリカのチームに対して4連勝しているが、これは主にヨーロッパの選手の量と質に基づいている。 26人の選手名簿のうち、21人はヨーロッパの格下リーグではなく、エールディビジ、ベルギー、ポルトガル、スコットランド・プレミアシップなどの5大リーグや主流リーグでプレーしています。

トルコ戦ではモリバオ監督は先発11人中8人が欧州でプレーし、途中出場6人の計14人をローテーションさせた。 これに関連して、韓国メディアは「日本のサッカー人材基盤は強力で、たとえ大規模なローテーションをしても、日本のセカンドチームはハーフタイムまでにトルコを3点リードできる」と嘆いた。 トルコ人監督は「日本とは太刀打ちできない。日本代表と同じレベルではない」と嘆いた。

今季、日本には5大リーグと2次リーグを含めると70人以上の選手が欧州の主流リーグでプレーしており、「欧州縦隊」が3本も形成できるほどだ。 これはアジア諸国の例に漏れず、常に日本と比較されてきた韓国ですらさらに劣っており、人数も22人しかおらず、中には主力としてプレーできない選手もいます。

欧州にいる日本人選手の多くはクラブの主力選手であるため、十分な試合経験と自信を持って欧州や米国の選手と渡り合えるとともに、量的な変化から質的な変化へのチャンスが与えられます。 日本の強力な海外選手の人材プールは欧州の強豪を倒す基礎を築いており、ワールドカップの気性を経験した森抱一監督が日本チームにもたらした変化も明らかです。

今年の日本代表の躍進は一朝一夕に実現したものではなく、3月のウルグアイ戦、コロンビア戦では1分1敗、6月のエルサルバドル戦、ペルー戦では大勝し、まずは自信を深めた。 9月の欧州連勝記録を達成した。 戦術フォーメーションは442→433→4231と変化し、フィールドの状況が変化するとセンターバックを3人に変更したが、ワールドカップは森保一の視野と自信を広げたというべきだろう。

森保一監督は攻撃面に重点を置き、国際試合の日はほぼ全員がプレータイムを得ることができる。 トルコ戦では前例のないわずか30分前に先発メンバーを発表し、勝利を確実にするために主力チームを残留させるのではなく、慎重に検討した結果のローテーションを主張した。

昨シーズンベルギーで23ゴールを挙げた上田綺世選手、スコットランド・プレミアシップのゴールデンブーツ賞を受賞した古橋康梧選手が評価され、浅野拓磨選手、三笠薫選手、久保建英選手、ドンヤス律選手、鎌田大地選手、伊東純也選手が攻撃陣を形成した。主な候補。 今夏フランス・リーグアンのランスに加入し、トルコ戦で2ゴールを決めたばかりの中村敬斗は、森保一監督の「雨露も」のおかげで多くの欧州スカウトの注目を集めた。日本代表ユニフォーム2023/24やその他周辺商品にご興味のある方は、こちらをクリックして詳細をご確認ください。